はたちょく九州のストーリー

はたちょく九州安心・安全の基準について
はたちょく九州の宅配サービスでは、持続的な「食」の生産と消費を守り続けるため以下の安全基準を定めています。
九州産のだいこん
①生産地の定める基準
はたちょく九州で販売する農産物は、九州圏内で生産された物とします。
フェアトレード等で輸入した安心・安全な海外産の作物などの社会的に意義のあるものについては例外として販売する場合があります。
②使用する農薬についての基準
はたちょく九州の宅配サービスで生産及び販売する農作物に使用する農薬は、一般慣行栽培の40%以下とします。
③使用する化学肥料についての基準
はたちょく九州の宅配サービスで生産及び販売する農作物に使用する化学肥料は、一般慣行栽培の40%以下とします。
また、様々な有害物質の蓄積が不安視される排水汚泥のコンポスト等は使用しておりません。
④放射能汚染に対しての基準
出荷する作物は、すべて出荷前に放射能検査を実施しています。Cs137とCs134において、それぞれの検体を1500ml、測定時間3600秒検査した場合の測定下限(純水においてCs137: 1.0Bq/kg Cs134:1.2Bq/kg 程度)を超えたものについては、出荷を一旦中止、Ge半導体検出器への再検査を依頼し、安全性が確認されたものしか出荷しません。 詳しくは、放射能検査についてをご覧ください。

①生産地の定める基準
はたちょく九州で使用する精肉は、九州圏内で生まれ、肥育され、屠殺された物とします.牛肉だけでなく、鶏肉、豚肉についても生産から食卓にのぼるまでの生産情報が明確なもののみの販売とします。
②放射能汚染に対しての基準
出荷する精肉は、すべて出荷前に放射能検査を実施しています。Cs137とCs134において、それぞれの検体を1500ml、測定時間3600秒検査した場合の測定下限(純水においてCs137:1.0Bq/kg Cs134:1.2Bq/kg 程度)を超えたものについては、出荷を一旦中止、Ge半導体検出器への再検査を依頼し、安全性が確認されたものしか出荷しません。 詳しくは、放射能検査についてをご覧ください。
また、肥育時に給与される餌についても2か月に一度の放射能検査を行っています。

①生産(漁獲地)及び水揚げ地に定める基準
長崎近郊の海で漁獲され、かつ九州圏内で水揚げ及び収穫された水産物のみをお届け致します。
例外として、正月のかずのこ等、日本近海で漁獲が不可能で、かつ安全性が明確なものについては取り扱う場合があります。
②放射能検査について
出荷する海産物は、すべて出荷前に放射能検査を実施しています。Cs137とCs134において、それぞれの検体を1500ml、測定時間3600秒検査した場合の測定下限(純水においてCs137:1.0Bq/kg Cs134:1.2Bq/kg 程度)を超えたものについては、出荷を一旦中止、Ge半導体検出器への再検査を依頼し、安全性が確認されたものしか出荷しません。 詳しくは、放射能検査についてをご覧ください。

①使用する原材料に定める基準
はたちょく九州で販売する加工品の主原材料は、原則九州産の原材料とします。副原材料についても可能な限り明確にし、 会員様への明確な情報の開示を行います。
②添加物に定める基準
可能な限り無添加の製造販売を目指します。しかし、製品の性質上、添加が無ければ商品として成り立たないものや、著しく安全性が低下するものは除きます。
③放射能汚染に対しての基準
出荷する加工品は、すべて出荷前に放射能検査を実施しています。Cs137とCs134において、それぞれの検体を1500ml、測定時間3600秒検査した場合の測定下限(純水においてCs137:1.0Bq/kg Cs134:1.2Bq/kg 程度)を超えたものについては、出荷を一旦中止、Ge半導体検出器への再検査を依頼し、安全性が確認されたものしか出荷しません。 詳しくは、放射能検査についてをご覧ください。
1.検査機器及び検査機関について
検査機関について
平成23年度の福島原発事故における放射能汚染を懸念し、はたちょく九州では継続的な放射能検査を行ってきました。当初は外部委託を行っておりましたが、会員様の善意の寄付により、放射能測定器を購入し、検査機関を設立するに至りました。 現在、放射能検査は外部機関「九州環境測定協会」に委託し、販売するすべての商品について出荷前に放射能検査を行っております。

検査機器と検査方法について
九州環境測定協会では、EMF211型のNAI(TI)シンチレーション式放射能測定器を使用し、会員様へ出荷する商品を全商品検査してから出荷を行っております。 検査方法は、平成24年4月1日厚生労働省より改正・施工された「食品中のセシウムスクリーニング法」に準拠して行っております。
2.検査サイクルについて
  農作物①
葉物野菜などの収穫から出荷までのリードタイムが短いもの
お届け週の2週間前までに、生産者ごとの検査を行う。
  農作物②
玉ねぎなどの、収穫後貯蔵し、一定期間同一の商品が出荷されるもの。
お届け週の4週間前までに、生産者ごとの検査。
及び、新ものへ切り替わる場合も検査を行う。
  牛肉 出荷する牛ごとの検査及び2ヶ月に1度の飼料の検査を行う。
  豚・鶏肉 生産ロットごとの検査及び2ヶ月に1度の飼料の検査を行う。
  加工品①
牛乳やヨーグルトなど、原材料の保存が難しく、日々製造されるもの。
月に1回、商品ごとの検査を行う。
  加工品②
原材料の保存が容易で、一定期間同一の原材料で製造されるもの。
原則原材料の切り替わりにあわせて行う。及び加工品(またはその原料)を ローテーションしながら継続的に検査を行う。

3.その他情報の開示  
○ 放射能に関する基礎知識 ○ 放射能検査の結果について
   
PM2.5
1.PM2.5の検査について
PM2.5

PM2.5とは、2.5μm以下の浮遊物の総称で、主に呼吸器系に対する健康への被害が心配されています。
しかし、その浮遊物を経口摂取した場合の安全性が不明瞭なため、弊社ではPM2.5に含まれている有害物質、多環芳香族炭化水素(PAHs)をベンゾ[a]ピレンにて定期的に測定することにより、お届けする商品の安全性を確認しています。

○ 最新の測定結果
○ PM2.5に含まれるPAHsの測定について